ぷりぷりの健康美肌に育てる注目サプリ大集合

シワ・シミ・たるみを改善!人気の美肌サプリおすすめランキング

人気の美肌サプリおすすめランキング » 【くすみ改善】お肌の透明感が上がると話題のサプリ

【くすみ改善】お肌の透明感が上がると話題のサプリ

お肌がくすむ原因や対策方法を紹介しています。

くすみは年齢肌への危険信号!肌をくすませる原因を徹底解明!

最近、いつも通りのお化粧をしても顔がぼやけて疲れているように見える。スキンケアに時間をかけても顔の印象が暗く老けて見られてしまう…。実はそれ、「くすみ」が原因が大きいかもしれません。

毎日のスキンケアなどのお手入れでは補いきれない、肌の内部で起きている変化が、肌の表面に出てきて顔の印象を実年齢よりずっと老けた印象に大きく変えてしまう「くすみ」。さらに、メイクが肌に負担をかけることで、くすみ肌に潜在的に眠っていた肌荒れや乾燥、吹き出物を呼び起こしてしまいます。

くすみの悩みを解決するためには素肌から綺麗にしていくことがもっとも適していると言えるでしょう。

ひとことで「くすみ」と言っても原因は一つだけではありません。生活習慣や体質、加齢による肌の内側から生まれるものや、肌に合っていない化粧品や肌ストレスで出来るものなど、その原因は実に様々。

まずは肌をくすませる5つの原因を徹底解明!くすみが起こる原因別のメカニズムを知って、自分にあった正しいケアをすることで、若々しく、パッと明るい透明肌を手に入れましょう!

冬場だけじゃない!!《乾燥》によるくすみは1年中注意が必要

乾燥といえば冬場に起こる肌荒れ、肌の角質が硬くなって夕方にはメイクが崩れてきてしまうイメージが強いでしょう。

しかし、乾燥は夏のオフィスや電車の中のエアコン、さらには秋や冬に影響を受ける人も多い花粉が原因となって一年中、乾燥肌が続いてしまう人も多いはず。

乾燥した空気が肌に触れることによって、真皮層の水分を逃さないようにと本来生まれ変わるはずの古い皮膚が剥がれ落ちることなく硬くなり、角質化することによって「角質肥厚」となり、古い角質は肌本来のみずみずしさが失われているので枯れた葉っぱのように肌の色をくすませてしまいます。

女性の2人に1人は冷え性!?血行不良はくすみの温床

冷え性に悩む女性は体温が下がることでリンパや血の巡りが滞り、くすみやすいと言われています。

肌には本来、血液が正常に巡ることで自然な赤みがあり、血行が悪くなると健康的な肌の色が失われていきます。ブルーの化粧下地やアイシャドウを塗りすぎると顔色を悪くみせてしまうのはこのためです。

特に皮膚が薄い目の下に青黒いクマができる人は、血行不良によるくすみが原因かもしれません。

日焼け対策をしても増える!!メラニンが原因のくすみ

本来、メラニンは紫外線などの外部刺激から肌を守り、古くなった角質と一緒に排出されるものですが、紫外線対策が十分でなかったり、老化によって正しいターンオーバーが行われないことによって古いメラニンが蓄積し続け、肌を暗くくすんだ状態にしてしまいます。

また、紫外線による刺激だけではなく、肌に与える摩擦によってメラノサイトが刺激され、肌を守ろうとメラニンが過度に作られることによって茶色っぽいシミやくすみを生んでしまいます。

その生活習慣が原因かも!?ターンオーバーの乱れによるくすみ

肌を守る表面の表皮が古い角質となって剥がれ落ち、真皮が正しく入れ替わることで新しい肌へと生まれ変わります。

およそ28日で繰り返すこのサイクルが加齢やストレス、睡眠不足、偏った食生活などによって正常に行われないと肌が本来、脱ぎ捨てるはずの角質がどんどん蓄積されくすみになっていきます。

また、ターンオーバーを助けると言われているピーリングにも乾燥肌になる危険性がある為、注意が必要です。

肌が黄色くくすんでいる!!糖化によってできるくすみ

初めて聞いた人も多いかもしれませんが、「体のコゲ」として最近、注目を浴びてきている糖化。

食事で過度に摂取した糖が肌を本来、支えるコラーゲンなどのたんぱく質と結びついて、体温で温められることで化学反応を起こし、AGEsという人の体を老化させる物質に変化します。

ちょうどお砂糖が小麦粉と混ぜて焼くとこんがりキツネ色になるように、 糖化は肌の表面に黄色や茶色のくすみを引き起こします。

現代の食生活では避けることが難しい肌の糖化。これを防ぐには体の内側から「抗糖化作用」のある食品を毎日取り入れる事が大切です。

スキンケアだけじゃ不十分?くすみ肌を解決するには

くすみ肌を改善するためには、毎日のスキンケアだけでなく、その他にも必要なことがあります。くすみの原因別に見ていきましょう。

乾燥くすみの対策

乾燥を解消する為に真っ先に思いつくことは、化粧水や乳液などのスキンケアによる保湿で肌に潤いを与えることでしょう。

しかし肌は基本的には排出器官な為、スキンケアで表皮を乾燥させないように助けることは出来ても、肌の内側から潤いを蘇らせて正しいターンオーバーを促し、くすみから解放されることは難しいでしょう。

また、過度な保湿によって油分が肌の表面に残ると「オイル焼け」を起こし、肌が黒ずむ原因にもなります。

体内から肌の潤いを根本から整えるためにはビタミンCを含む緑黄色野菜やビタミンAを毎日適切な量、摂取することが必要になってきます。

血行不良くすみの対策

もともと女性の体は冷えに弱く、一年中冷え性に悩む女性も多いと思いますが、定期的なマッサージや体を温めることでリンパの流れを良くし、一時的に血行不良を解消することができます。

半身浴をすることで体の基礎体温が上がり、くすみも解消されますが、実際のところは継続的に行わなければあまり効果はないでしょう。

忙しい現代社会で毎日の生活に取り入れることはなかなか難しいのが現実ではないでしょうか。

メラニンくすみの対策

くすみ対策の為にまず気をつけなくてはならないのが紫外線による「日焼け対策」です。

日焼けは美容の大敵と言われるほどシミやくすみ、老化の原因として悪い印象があります。しかし、太陽を必要以上に避け続けることで人の体が本来、日光を浴びることによって得られるはずのビタミンDが十分ではなくなり、骨や歯の形成に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

また、メラノサイトは肌を擦るなど刺激を与えるとメラニンを作り出す為、日焼け対策以外にもスキンケアをする際に注意が必要です。

ターンオーバーが乱れて起こるくすみの対策

ターンオーバーの乱れによるくすみ対策には、まず生活習慣を見直すことが大切です。

肌が生まれ変わる22時から夜中の2時までしっかり睡眠をとり、栄養バランスを考えた食生活を心がける事が必要です。

また、ピーリングやしっかり洗顔する事によって古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促す助けをすることも効果的と言われていますが、刺激を与える事でメラニンが発生してさらにくすんでしまったり、乾燥肌になってしまうことがないよう注意が必要です。

糖化くすみの対策

口にするものが原因でくすみを招いてしまう糖化を防ぐには、食事の内容に気を配ると同時に体内に糖が蓄積されないように抗糖化作用のある成分を積極的に取り入れる事が必要になってきます。

しかし、体内で糖に変わりやすい炭水化物を過度に避けてしまうと脳に必要な糖分が不足してしまい、仕事や勉強の効率を下げる危険性があるので、あまりオススメできません。

抗糖化作用のあるカモミールやドクダミ、甜茶、よもぎなどを食事の中で摂取することが難しい人には、サプリメントが手軽で毎日続けられるのでオススメです。

くすみを解決しようとしたのにオイル焼けが起きてしまったり、洗顔やピーリングのしすぎで乾燥肌になってしまったなど、間違ったケアをしたことで新たな肌トラブルを招く恐れも十分にあります。

少ないリスクで確実にくすみを撃退するには体内環境のバランスを整え、肌本来のターンオーバーを取り戻し、古くなった角質と一緒にくすみを脱ぎ捨てる事が理想的ですが、忙しい生活の中で半身浴を続け、栄養バランスの取れた食事に気を配り、夜10時に眠ることができる人は少ないと思います。

そんな時こそ、肌に必要な成分を補い、潤いを取り戻す助けをしてくれるサプリメントなら手軽に取り入れられて、忙しい人にも続けやすいのでオススメです。

これらの対策を毎日のスキンケアに取り入れる事で、どんよりしたくすみを撃退し、パッと明るい肌を手に入れましょう。

くすみの年代的傾向と対策とは?

お肌のくすみは年齢によって原因や傾向が異なっていて、その原因に合わせて対策をすることが大切です。

そこで、20代、30代、40代に分けて、くすみの対策法をご紹介しますが、まずはそれぞれの年代で原因を比較してみましょう。

  乾燥 血行不良 メラニン キメ しわ・たるみ
20代 -
30代 -
40代 - -

参考:フジテレビ商品研究所「くすみ肌を調査して~20代のくすみは、他の年代のくすみとは違う~」
http://www.fcg-r.co.jp/lab/beauty/report/110722.html

20代

20代前半のくすみの原因は、主に乾燥と血行不良で、一般的に言う「くすみ」とは少々違うものです。20代後半からは乾燥に加えて、メラニン色素によるくすみ、しわやたるみによるくすみも増えてきます。

  • 対策

20代前半は保湿効果の高いスキンケア商品を使う、冷え性を改善するなどに気をつけてください。20代後半はターンオーバーを意識したスキンケアが必要。乾燥予防に加えて、生活習慣や栄養バランスを改善していくことがおすすめです。

30代

30代ではくすみの原因である乾燥やメラニン色素、キメの乱れ、しわ、たるみなどが平均的に見られる状態です。複数の原因が重なることによってくすみが目立ってきます。

  • 対策

スキンケアはアンチエイジングをメインにして、紫外線もしっかりと予防して下さい。そして、乾燥はしわやたるみの原因になるため、保湿力の高いスキンケアを行うことが大切です。生活習慣や栄養バランスを整えることも忘れずに。

40代

40代ではキメの乱れによるくすみが少ないのが特徴です。くすみの主な原因はメラニン色素の沈着と、しわやたるみ。30代では、シワは目尻の小じわが目立つ状態ですが、40代になると小じわに加えてたるみも増えてきています。

  • 対策

色素沈着が大きな原因となっているので、紫外線対策とターンオーバーを促進させることがメイン。さらに、しわやたるみを改善させるためにも、スキンケアで保湿力を高めることが大切。老化を予防する栄養素も積極的に摂っていきたいものです。

美肌サプリで肌の悩みを解決!

コンテンツ一覧
 
ぷりぷりの健康美肌に育てる注目サプリ大集合