ぷりぷりの健康美肌に育てる注目サプリ大集合

シワ・シミ・たるみを改善!人気の美肌サプリおすすめランキング

人気の美肌サプリおすすめランキング » シワ・たるみに効く成分! » シワ・たるみに効くフラーレンとは?

シワ・たるみに効くフラーレンとは?

シワやたるみに効く成分といえば「コラーゲン」や「プラセンタ」、「コエンザイムQ10」などありますが、最近注目を集めているのが「フラーレン」です。まだ発見されてから30年くらいと歴史が浅いこの成分に、どんな効能が秘められているのでしょうか。

フラーレンの正体と歴史

フラーレンはサッカーボールのような形をしており、発見された時は60個の原子で構成されていたので「C60」とも呼ばれています。

ダイヤモンドやグラファイトと同じく炭素のみの同素体です。発見されたのは1985年で、1996年には発見者がノーベル化学賞を受賞しました。

当初は溶けないのが難点でしたが、2005年には水、2009年には油に溶かす技術が開発され、コスメへ配合できるようになりました。

近年ではパウダー状に加工されたものや、保湿機能を強化したものも開発されています。また医療の現場においても実用化に向けてさまざまな臨床試験がおこなわれています。

フラーレンの効能

抗酸化作用がある

フラーレンにはヒドロキシラジカルやスーパーオキサイドなどの活性酸素を除去する作用があり、その抗酸化力はビタミンCの172倍ともいわれています。しかも効果は約11時間持続します。

それは他の抗酸化成分が自ら酸化されて肌を守るのに対し、フラーレンは活性酸素を吸着して除去するからです。炭素だけで構成されているので安定性もあります。

さらにシワやたるみ防止のコスメに配合されるビタミンC誘導体やハイドロキノンなども、フラーレンによって酸化しにくくなります。これらはフラーレンで除去できない活性酸素に作用して欠点を補ってくれる成分です。

活性酸素は肌細胞を酸化してコラーゲンの生成を妨げたりターンオーバーを乱したりします。その結果、シワやたるみになってしまうのです。抗酸化物質は体内に取り入れるだけでなく、肌からアプローチしても除去効果が期待できます。

安全性が高い

フラーレンは役目を果たした後、除去した活性酸素と共に体外へ排出されます。ビタミンC誘導体に比べると低刺激で乾燥肌や敏感肌の人でも安心です。

今のところ臨床試験において毒性や副作用は報告されていません。フラーレンを構成する炭素は人間の体にも含まれているので、限りなく安全性が高いといわれています。

紫外線のブロックや保湿効果も

フラーレンには紫外線をブロックする効果もあります。紫外線がブロックされるとシミの原因になるメラニンの生成が抑えられ、毛穴を目立たなくする効果も期待できます。他にも保湿効果があるため、角質層が日常生活の中でダメージを受けても素早く補修してくれるでしょう。

フラーレンを配合したコスメの選び方と使い方

フラーレンには主に水溶性と脂溶性の2種類があります。肌には水分も油分も存在しますから、両方のフラーレンを配合しているコスメが理想です。効果は約11時間持続するので朝と夜の洗顔後に使えば、ほぼ1日中フラーレンが活性酸素を除去してくれるはずです。

規定の量以上フラーレンを配合したコスメはパッケージに、それを証明するロゴを表示できます。水溶性、脂溶性、両方配合している場合とそれぞれにロゴがあり、購入時の参考になります。

なお「規定の量」とは原液が1%であり、フラーレンそのものの量ではありません。原液に溶けているフラーレンの量は0.03%です。製造メーカー側は原液の配合を多くても5%以内に抑えることを推奨しています。

現状では肌に塗布するコスメが一般的でサプリは見受けられません。医療の現場では抗HIV薬や抗がん剤などの臨床試験が進行しているので、サプリの実用化もそう遠くはないかもしれません。

フラーレンは先述のとおり自ら抗酸化作用があり、他の抗酸化成分を保護する働きもあるので、抗酸化作用があるサプリと併用すれば更なる効果を見込めるでしょう。

フラーレンはその強力な抗酸化力と持続性によって、シワやたるみの原因になる活性酸素を効果的に除去してくれます。近年ではアンチエイジングのコスメに配合されており、人気を集めています。毎日手軽に摂取するならサプリのほうが簡単なので、今後の登場が待たれるところです。

美肌サプリで肌の悩みを解決!

この記事の関連のページ

コンテンツ一覧
 
ぷりぷりの健康美肌に育てる注目サプリ大集合