ぷりぷりの健康美肌に育てる注目サプリ大集合

シワ・シミ・たるみを改善!人気の美肌サプリおすすめランキング

人気の美肌サプリおすすめランキング » シワ・たるみに効く成分! » シワ・たるみに効くコラーゲンとは?

シワ・たるみに効くコラーゲンとは?

シワ・たるみ改善に効果的なコラーゲンとは?

コラーゲンってどんな成分?

コラーゲンは、たんぱく質が主成分。人の体の中にあるたんぱく質の30%ほどを占めています。
お肌以外にも、骨やじん帯や関節の軟骨を結合するために存在しています。体内には29種類のコラーゲンが発見されているそうです。

人のコラーゲンは20代で減りはじめ40~50代になる頃には半分近くに減り、60代では三分の一ほどに減ってしまうといわれています。
コラーゲンが不足すると、お肌がハリや弾力を無くし、シワやたるみの原因になるだけではなく関節などがスムーズに動かなくなってしまうことはよく知られていますよね。そして、骨の骨密度も低下してしまうそうです。

コラーゲンは、私たちの体にとって不可欠な物質で1日の摂取目安量は5~10gです。

シワ・たるみへの効果は?

コラーゲンと聞くと美肌への関心が高い方は、お肌との密接な関係があることをご存知だと思います。
加齢や紫外線により起こるシワやたるみの予防としてコラーゲンやエラスチンなどを取り入れている方も多いのではないでしょうか。
しかし、できてしまったシワやたるみの改善にもコラーゲンが有効であるということを知らずに、あきらめているという方もいるとおもいます。

じつは、できてしまったシワやたるみもコラーゲンを摂取することで代謝を回復し、新しいコラーゲンが作られるというサイクルが回復することによりだんだんとシワやたるみが改善してゆくのです。

加齢などで新陳代謝が悪くなって作り出せなくなったコラーゲンは減少し、毎日繰り返される紫外線や活性酸素のダメージを回復させるだけの効力を失ってゆきます。
コラーゲンは、細胞の結びつきを強くし支えているので、コラーゲンが減りダメージをうけた肌は組織が支えられなくなり皮膚がたるんでしまいます。これがシワやたるみの原因ですが、新陳代謝が回復すれば、皮膚もまた回復します。

コラーゲンを多く含む食材を取り入れるのは良いことですが、フカヒレなどは高価で、豚足手羽先は脂肪分が多いので十分な量を食品から毎日取り入れるのは簡単ではありませんよね。
やはり、サプリメントを活用するのが効率的で一緒にレモンアセロラなどのビタミンCをとれば、効果はさらにアップします。

安全性は?

コラーゲンは生物由来のタンパク質でできているので、安全性は高く美容以外にも医療にも多く使われています。
また、サプリメントのような食品はよく知られていますが、お菓子調味料ソーセージの皮などにも使われています。
コラーゲンは、その安全性の高さから私たちの生活にも欠かせないものになっているんですね。

コラーゲンを多く含む食べ物と効率的にとる方法

コラーゲンは美肌作りには欠かせない栄養成分の一つ。コラーゲンを多く含む食べ物は色々あるので、毎日の食生活でも美容に気をつけてとりたいですね。一般的にコラーゲンが多く含まれている食べ物をいくつか挙げてみます。

豚足

コラーゲンといえば豚足!と、すぐに思い浮かぶ方も多いでしょう。エラスチンという成分が豊富に含まれているので、シワやたるみの予防や肌の弾力を保つ働きがあります。

フカヒレ

カヒレはコラーゲンの塊ともいわれるほど、良質な栄養成分がたっぷり含まれています。コンドロイチンという成分が皮膚の乾燥やシワを防いでくれます。

すっぽん

コラーゲンサプリの原材料でも有名なすっぽん。血行促進、冷えの改善など、健康に欠かせないビタミンB群がたっぷり含まれています。

コラーゲンを効率的にとる方法とは?

体内で完全なコラーゲンにするには、アミノ酸✕ビタミンCの組み合わせがとても良いといわれています。レモンや柿、いちごなどのフルーツに多く含まれるビタミンC。コラーゲンをとるときは積極的にフルーツと一緒にとるようにしましょう。 また、揚げ物などの油っぽい食事はコラーゲンやヒアルロン酸の合成を低下させるので注意が必要です。

美肌サプリで肌の悩みを解決!

この記事の関連のページ

コンテンツ一覧
 
ぷりぷりの健康美肌に育てる注目サプリ大集合